MENU

筋トレの効果が出るまでの期間とおすすめの方法・時間帯

筋トレの効果が出るまでの期間やおすすめの筋トレ方法、効果が出やすい時間帯や筋肉を付けるための栄養について解説します。

 

筋トレの効果が出るまでの期間

身体の面や心の面で筋トレの効果がまでの期間を解説します。

 

1ヶ月では筋トレの効果は出ない?

筋トレを始めて、筋肉がつくまではある程度の時間がかかります。体内の細胞が入れ替わる周期の問題なので、筋トレの内容がハードであったとしても、その効果はなかなか得られないのです。特に女性の場合は筋肉が付きにくいので、なかなか体は変わらないと思っていたほうが良いでしょう。1ヶ月間頑張って筋トレしても全然体が変わらない…これはある意味当然の事なのです。

 

ただし筋肉は増えなくても、筋トレの動作に慣れることで持ち上げられる重さが増したり、反復できる回数が多くなったりする効果は得られるので、体の変化よりも筋トレの質が向上することをモチベーションとして取り組んでみて下さい。

 

筋トレの効果が出るまでは3ヶ月

では、どのくらい筋トレを頑張れば筋肉が付くのでしょうか?もちろん個人差はありますし、どの程度筋トレや栄養の摂取に力を入れたかにもよって結果が出るまでの期間は変わるでしょう。あくまで参考値ですが、3ヶ月程度で筋トレの効果が出て筋肉が増えてくると言われています。

 

3ヶ月間黙々と器具に向かって体を鍛えることは簡単なことではありませんが、この期間を乗り越えることさえ出来れば結果を出すのは難しくありません。3ヶ月という期間を少しでも早く乗り切れるように、後述するサプリを試してみるのも一つの方法でしょう。

 

筋トレの効果を実感できるのはいつ頃?

筋肉が増えるまでは3ヶ月ほどかかると言いましたが、筋トレの効果を実感できるまではもう少し早いでしょう。今まで筋トレをしてこなかった人であれば、すぐにでも今まで経験してこなかったような筋肉痛が味わえるでしょうしね。

 

筋肉が増えるまでは時間がかかりますが、あなたが今持っている筋肉の、発揮できる筋力がアップするまではそこまで時間はかかりません。1ヶ月も真剣に筋トレすれば、正しいフォームが身につくとともに、挙上できる重さもどんどん増えていくことでしょう。ただしこれはあくまで筋力アップによる効果。そのためある程度のところで頭打ちになりますし、更に成長していくためには筋肉そのものを増やす必要があります。

 

女性の場合はどのくらいで効果が得られる?

男性に比べて筋肉が付きにくい女性。効果が得られるまでの期間も長めに考えておいたほうが良いでしょう。期間が得られるまでが長いというよりは、『取り組んだ期間に対する得られる結果が見えにくい』と言った方が語弊がないかも知れません。男性以上にじっくりと取り組む必要がありますが、そもそも筋トレをしている女性は少ないため、他の女性に比べて引き締まった体を手に入れることはさほど難しくないように思えます。

 

精神的な効果が得られるまではどのくらい?

筋トレで得られる効果は筋肉が付くだけではありません。自分に自信が持てるようになると言った精神的な効果も大きいのです。個人差がかなりある部分ではありますが、3ヶ月取り組んで少しずつ体が変わってくれば、それに並行して徐々の自信も高まるでしょう。

 

自分に自信が持てるようになったり、自分のことをもっと好きになったりすれば、異性に対してもより積極的に行動できるようになるはず。筋トレするとモテると良く言われますが、肉体的な面だけでなく、こういった精神的な効果の影響も大きいのではと思います。

 

ダイエットにはなかなか効果が出ない?

筋肉が付くまではおよそ3ヶ月。筋トレそのものでも多少は脂肪燃焼効果があります、ダイエットのためとなると更に3ヶ月程度を考えていたほうが良いでしょう。筋トレで筋肉が増えて代謝が上がると、普段と同じ活動量でも消費されるカロリーは多くなります。摂取カロリーが同じであれば、消費カロリーが増えればやせるのは当然のこと。ダイエットのために筋トレに取り組む人が多いのはこういった理由からなのですが、その恩恵に預かれるまでは半年程度かかると思っていたほうが良いでしょう。

 

確かに長く感じるかも知れませんが、無理矢理体重を落とす食事制限と違ってリバウンドの危険性も少ないですし、ゆっくりですが確実にやせることが出来るでしょう。色々なダイエット方法を試して挫折してきた方は、じっくりと腰を据えて筋トレに励んでみても良いのでは無いでしょうか?

 

おすすめの効果的な筋トレ方法

最初のうちは、自宅で自分の体重だけで筋トレをするのも良いのですが、1ヶ月も続けると伸び悩んでしまう可能性が高いです。筋肉に対する負荷という面でもそうですし、単純に飽きてしまってモチベーションが落ちてしまうという可能性も高いです。そこで以下の二つの方法をおすすめしています。

 

ダンベルを購入して筋トレする

筋トレのための相棒であるダンベル。重りを着脱して重量を細かく変えることが出来るダンベルもありますし、自宅で筋トレをするためには非常に効果的な器具です。本格的なホームジムを作ろうと思ったら場所もお金も必要ですが、ダンベルであれば数千円で購入できますし、筋トレ出来る幅が一気に広がるのでおすすめです。

 

ただし、自宅でのトレーニングだとモチベーションが続きにくいという事、着脱が面倒だったり、重さが物足りなくなったりする危険性が高いということで、ダンベルでのトレーニングに飽きてきたらジムに行くことをおすすめします。

 

ジムで筋トレする

ジムで筋トレすることには多くのメリットがあります。お金を払っているので元を取ろうと努力すること。トレーニングの仲間が出来ればモチベーションアップにもなること。そしてあわよくばジム内での出会いも…。

 

自宅でのトレーニングではなかなかスイッチが入らないという方にもジムでの筋トレはおすすめ。専門家のアドバイスも聞けるでしょうし、自宅ではとても用意できないような多くのマシンやダンベル類で効率的に筋トレが出来るでしょう。払うお金以上に大きなメリットがありますので、本格的にモテる体つくりに励むのであれば、ジムへの入会をおすすめします。

 

効果的な筋トレの時間帯とは?

同じようなメニューで筋トレをしていても、時間帯によってはその効果が変わると言われています。例えば、朝起きてすぐだとあまり筋肉に力が入りませんので、筋肉に対して与えられる負荷も少なくなってしまうでしょう。一番力を発揮しやすい夕方や夜の時間帯に筋トレが出来ればそれがベストです。

 

ただし、筋トレ後に栄養を補給できることのほうが、時間帯以上に重要かも知れません。筋トレのパフォーマンスは高いけど栄養が摂取しにくい就寝直前よりも、朝仕事前に筋トレして、しっかり食事を摂ったほうが効果があるかも知れません。

 

夕食前、夕方に筋トレが出来ればそれが一番に思えますが、仕事の関係で毎回理想通りには出来ない人がほとんどでしょう。効果的な筋トレの時間帯というのは確かに存在しますがそこにこだわりすぎるよりも、無理なく継続できるような時間帯を見つけることが長続きのコツ、つまりは筋トレで結果を出すための最良の方法だと思います。

 

更に効果を上げるための栄養について

筋肉を付けるためには筋トレも大事ですが、同じくらい栄養も大事。いくら一生懸命筋トレをしていても、栄養素が不足していては筋肉はつきません。それどころか筋肉が分解されて減っていしまうという事態にもなりかねないのです。

 

筋肉を付けるための食事

筋トレしている人は食事にも気を使う必要があります。特に気をつけたいのがタンパク質の摂取量ですが、体重1kgに対して2gのタンパク質を毎日摂取するのが推奨されています。肉や魚、大豆製品や乳製品に多く含まれているタンパク質ですが、筋肉の原料になるため、意識して多めに摂るようにしましょう。

 

筋肉を付けるためのサプリメント

日々の食事を意識するとともに、サプリメント利用することで更に効率よく筋肉を増やすことが出来ます。筋トレと言えばプロテインがまず思い浮かぶかも知れませんが、筋肉を強化するためのサプリメントは色々な種類があり、その効果も様々です。あなたに合ったサプリメントを見つけて、モテる体つくりに励みましょう。

 

適切な筋トレの頻度と間隔

適切な筋トレの頻度やトレーニング間隔は、筋トレに割ける時間やモチベーションに大きく左右されるので一概には言えません。ただ、やればやるほど筋肉がつくという訳ではありませんし、回復期間を得るために部位を細かく分けていたとしても、何日かおきに休息日を設けたほうが筋トレの効果が上がるとも言われています。筋トレの休息日に関してはこちらで詳しく書いています。