グルタミンの効果や飲み方・摂取タイミング

グルタミンの効果や飲み方・摂取タイミング

グルタミンってのはな、アミノ酸の一種やで。筋肉中のアミノ酸の約60%を占めてるいって言われとってな、体内のエネルギー代謝にえらい重要な役割を果とるんや。このグルタミンは、1883年にサトウダイコンの搾りかすから発見されたもんでな、「2-アミノ-4-カルバモイル酪酸(2-アミノ-4-カルバモイルブタン酸)」と言うやたら長くで覚えにくい名前が正式名称や。 アミノ酸について補足したるわ。

 

アミノ酸にはな、「体内で合成できる11種類の非必須アミノ酸(グリシン、アラニン、セリン、アスパラギン酸、グルタミン酸、アスパラギン、グルタミン、アルギニン、システイン、チロシン、プロリン等)」と、「体内で合成できない必須アミノ酸」があるんや。グルタミンのような「体内で合成することができるといわれている非必須アミノ酸」でも、体内の生成量では不足することが多く、「準必須アミノ酸」として分類されることもあるんやで。

 

グルタミンの4つの効果ってどんなや?

特に筋トレをする人にとって、グルタミンは魅力がいっぱいや。めっちゃ色々な効果あるんやけど、4つに絞ってその魅力を解説してくわ。

 

消化機能をサポートする効果!

人間の腸管には、栄養を吸収するじゅう毛という組織があるんやけど、グルタミンはそのじゅう毛の栄養源となるんやで。せやからグルタミンの飲んどけば、腸の働きを良うなるし、消化吸収も活発になるんや。もちろんHMBとかBCAAみたいなの他の成分の吸収も良うなるし、筋トレした後はごっつい食わないと筋肉付かんから、食が細い人にもグルタミンは有効や。アミノ酸が入っとるサプリメントには、グルタミンが配合されとることも結構多いんやが、この効果に期待しとるっちゅう事やな。

 

免疫力を高める効果!

グルタミンにはな、ウイルスや細菌などから身体を守ってくれる効果もあるって言われているんやで。あの憎きインフルエンザウイルスにも対抗する作用があるとも言われとるし、冬場はガンガン飲んだ方がええで。後な、筋トレすると免疫力が落ちてしまってな、風邪を引きやすくなるっちゅう事がよくあるんやけど、グルタミン飲んどけば風邪の予防にもバッチリやで。風邪の引き始めにグルタミンめっちゃ飲んだらケロッと治ることもあるで。

 

筋肉の分解を抑える効果!

筋肉の分解って何や?って思ったかも知れんが、筋トレすると筋肉の内のタンパク質が分解されて、エネルギーとして使われてしまうんや。でもな、運動前にグルタミン飲んどけば筋肉の分解を抑える事が出来るし、結果として筋肉をでっかくすることに繋がるで。

 

アルコール代謝を促進する効果!

ワシみたいな酒好きには嬉しい効果や。グルタミンにはな、アルコールの代謝を促進して、二日酔いを軽くする効果もあって言われてるんや。例えばな、二日酔いなどの原因物質である「アセトアルデヒド」っちゅう物質の血中濃度を低下させるという効果が実証されとんのや。アルコールを代謝する機能がある肝臓の働きをサポートする役割もあるからな、飲み会続きの時は強い味方になること間違いなしやで。

 

グルタミンを飲むタイミングはいつや?

こんな風に、グルタミンには素敵な効果がいっぱいあるねん。そのグルタミンちゃんの素晴らしい効果を余すことなく取り入れたいんなら、トレーニングの前後や筋トレの最中の摂取がベストやで。例えばな、トレーニング中にしょっちゅうにグルタミン飲んどるようなビルダーさんもおるし、ガッツリトレーニングをしてるんやったら過剰摂取になる心配も要らんで。筋トレせえへん日ならな、食後に飲んどけば間違い無いわ。消化吸収助ける働きもあるから、胃腸が弱い人にはマジでオススメやで。

 

⇒【Motepedia】モテる男になる方法完全ガイドTOPページ