MENU

BCAAでモテる身体つくり!効果や飲み方は?

BCAAは,『Branched Chain Amino Acids』の頭文字を取ったもので、バリン、ロイシン、イソロイシンという3つのアミノ酸の集合で、筋肉を付けるためには効果的だと言われています。ヒトの筋肉の生成に関わる必須アミノ酸としては、実に筋肉中のタンパク質中の割合が35%とかなりの高さだと言えます。

 

必須アミノ酸が食物のタンパク質を構成し、その約半分がBCAAだとすれば、タンパク質が分解すればBCAAになると考えることが最も理解しやすい考えだと思われます。

 

BCAAの効果とは?

筋肉を増やすための有効な成分であり、タンパク質の原料となるBCAAは、具体的には筋肉の分解を抑え、修復する手助けをする効果があります。BCAAを運動前に摂取すれば、血液中のBCAA濃度が上がります。BCAAは筋肉中のタンパク質の分解量を減らすことが出来るので、運動の際に分解してしまう筋肉中のタンパク質に働いて、筋肉の分解を抑えることが出来ます。BCAA、特にロイシンは筋肉の合成に効果があると言われています。

 

BCAA中のロイシンは膵臓からインスリンというホルモンが分泌するのを促進する効果があります。インスリンが分泌されることで筋肉の合成が促進されるので、BCAA、特にロイシンは筋肉の合成に効果を発揮すると言われています。

 

ロイシンを摂取することにより、体内ではHMBが生成されます。ロイシン20gに対してHMBは1gしか生成されませんが、HMBがBCAAの20倍効果があると言う事ではありません。けれども、BCAAには筋肉を増大させるという重要なHMBを生成するような効果があることは間違いありません。胃腸に負担をかけず、プロテインを飲むよりも消化吸収が速いのも大きなポイントと言えます。

 

BCAAを飲むタイミングはいつ?

消化吸収が比較的プロテインに比べて速いとされるBCAAは、運動開始30分前の摂取が望ましいと言われています。摂取一時間後に血中のBCAA濃度が最大になり、そこから徐々に低下することを考えると、トレーニング中の摂取は有効的で、トレーニング一時間ごとに摂取する人もいます。また、トレーニング後にプロテインと共に飲まれる方もいます。

 

基本的には運動前の摂取がおすすめですが、プロテインに比べてもカロリーは少なく、胃腸への負担もなく、消化吸収しやすいBCAAなので、時を選ばず摂取できるのではないかと思います。僕も一年中いつでもBCAAを飲んでいます。その上、HMBアルティメイトにはHMBだけでなくBCAAも含まれていますので、トレーニング前やトレーニング中のサプリメントとして、非常に効果が期待できると思います。