BCAAの効果と飲むのに適したタイミング

BCAAの効果と飲むのに適したタイミング

BCAAっちゅうのはな、『Branched Chain Amino Acids』の頭文字をとったものや。バリン、ロイシン、イソロイシンちゅう3つのアミノ酸のをあわせたものや。こいつらまとめて分岐鎖アミノ酸とも呼ぶんやで。人間の筋肉中にあるタンパク質を分解すると、その35%はBCAAだって言われているんや。

 

植物のタンパク質の場合は約50%がBCAAになるんやで。そのくらいタンパク質への関わりが強いから、ちょっと極端かも知れんが、筋肉⇒タンパク質⇒BCAAって思っても良いくらいや。

 

BCAAの効果ってどんなや?

タンパク質の元となるBCAAにはな、筋肉の分解を抑えるっちゅう効果と、傷ついた筋肉の修復の促進をする効果があるって言われているんや。運動するとな、筋肉中のタンパク質が分解されてエネルギー源として使われてしまうから、筋肉量が減ってしまうんや。でもな、BCAAを飲んどいたら血中と筋肉中のBCAAの濃度が上がって、筋肉から分解するアミノ酸が減ることが分かっているんや。要するに運動前にBCAAを飲んどけば筋肉の分解を抑えることができるねん。

 

他にもBCAAを構成しているロイシンちゃんはな、肝臓からインスリン分泌を増大しよって、インスリンによるタンパク質の合成を促進するって言われているんや。インスリンの分泌を増やすこのロイシンちゃんを飲むとな、体内でHMBが生成されるんや。HMBに関しては他の記事で詳しく書くけど、その割合は20:1、要するに20gロイシンに対して1gしかHMBは生成されへんのや。

 

BCAAはプロテインよりも消化吸収がよくて、胃腸にやさしいんやで。吸収スピードがめっちゃ早いから、即効性抜群や。だからと言ってプロテインがダメだっちゅう話とはちゃうで。

 

BCAAを飲むタイミングはいつや?

一番良い摂取タイミングは運動の30分位前や。吸収スピードが早いから、筋トレ始める時には体中にBCAAがギンギン溜まってるはずやで。それとな、BCAAは飲んだ1時間後くらいが血中濃度最大になってな、そこからはちょっとずつ減っていってしまうんや。だから筋トレ中のパフォーマンス落としたくないって言うベテランさんは、トレーニングしとる時は1時間おきくらいにBCAA飲んだりしてるわ。

 

後はな、ワシみたいに年がら年中BCAA飲んでる人もいたりするで。胃腸への負担も少ないし、カロリーも少ないからガブガブ飲んでも大丈夫やで。ワシが飲んでるのは水に溶けてめっちゃオイシイやつやから、今度機会あったら紹介したるわ。筋肉サプリやプロテインの中にはBCAA入ってるやつも結構あったりするで。

 

⇒【Motepedia】モテる男になる方法完全ガイドTOPページ